スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論理学の再レポが返却されてきた

待ちに待った論理学の再レポが返却されてきました。

結果は合格~!

ほぼ完璧に近いレポートですというお褒めの言葉付きでした。試験は合格しているので、これで晴れて論理学を卒業します。それと同時に総合科目の単位は全て取得済みとなり、総合科目も卒業です。

あ~~~、よかった♪ホッとしました。
スポンサーサイト

再開

レポート締め切り後、しばらく勉強から離れて宙に浮いていた家事&雑務をやっつけ終わったので、いよいよ再レポにとりかかることにします。

まずは論理学。量化理論の部分を復習します。もう遠く昔のことで、何を書いていいやらわからなくなってしまいました。危うし~!

再レポの締め切り日

論理学の再レポの締め切り日は2010年4月13日必着。
4月受験予定科目の新規レポートからはじめることにします。
3月1日のレポートの〆切後、論理学の再レポに取りかかることにします。

うぎゃー、手が痛いよ(再び)

試験から戻ってきて、早速論理学の再レポをはじめました。

前半の真理関数の部分は修正箇所なないので、量化理論に入る前までの部分を手書きしたのですが、途中で挫折。手が耐えられません。なぜ、ワープロ可じゃないのですか......。修正箇所がないってことは、ホント不合格で返却されたレポートの途中までは全く同じなので、ササッと差し替えしてもいいんじゃないかって思っちゃいますよ。

手の回復を待って続きをします。

レポ返却

論理学のレポートが返却されてきました。
結果は D 。ハハハハ。予想通りなのでビックリもしませんよ。
初回レポートとしては良いデキなんてほめられちゃいました。だったら C にしてくれないかにゃー。
また、手書きとの戦いですね。

手が痛いよ!

手が痛いよ!!!
だって、論理学ったら手書きよ!!!

ひとまずまとめて書き終えました。
量化理論の部分が自信ないな....。話をどう展開させていけばいいのかってところでスタックしました。
で返却されてきたら、ご指摘部分を丁寧に修正していけば、いずれはきっと合格するでしょう。

はぁ~~~、夏スクから戻ってきてから睡眠時間が確保できなくて疲労気味です。

ふむふむふむ

ぬおぉ~。レポート提出期限が迫っておる。焦り(汗)。

論理学はA群だから、10月に是非とも受けたい。でないと、この論理学のためだけに他のA群科目が後へ後へと流れてしまいます。

真理関数は、定理として与えることが実際にはできなくても、真理値分析を使ってトートロジーであると判定できた論理式を定理とすることができる。

量化理論は、妥当であると結論できる一般的な方法がないので、妥当だから定理だと言えても、妥当性は一般に決定できないので、それが定理であるかどうかも一般に決定できない。

でで、量化理論は、普遍汎化、存在例化、普遍例化、存在汎化、ほにゃほにゃほにゃ.....うがっ!うまく頭がまとまりません。

汗、汗、汗ーーー!

進んでいません

夏スク前に『論理学』の再レポ(なんだけど期限ブッチ切りで初回提出扱い)を終わらせて、大学の事務所に直接提出しようなんて考えていたのですが、全く進んでいません。

夏スク中は他の科目のレポートと勉強をしたいので、なんとか出発までに終わらせたいとこです。

長い滞在期間になるので、不要な本やノートはできる限りもって行きたくないし、それよりも帰りに学校関連物資(主に印刷物)や生活物資(米、味噌系)を詰めて国に持ち帰りたいので、荷物はできるだけ軽量化したいのですね。そのためには、『論理学』のレポートは完成品にして、レポート対策セットとしては詰めることは避けなくてはなりません。

今週末に燃えます!

カテゴリ編集

再レポ期限オーバーのため、『論理学』の試験が無効になってしまいました。カテゴリの編集をしました。

旧:【総合】論理学[試験済]
新:【総合】論理学

しくしくしく。

先ずは真理関数から

論理学』の再レポをやっつけます。
先ずは真理関数からおさらい。

論理学論理学
(1994/02)
野矢 茂樹

商品詳細を見る


再びコレのお世話になります。

〆切は7月13日"必着"←国外在住なので.....う~ん........暴れたところでどうにもならないので、渋々受け入れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。