スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験勉強中 [9]

論理学』の真理表を使った証明に自信がつきました♪
自信がつくと、気分も高揚!
ということで『金融論』を続行します。
どの辺りが出題されるのでしょうね....。範囲が広くてやりにくいです。
スポンサーサイト

試験勉強中 [7]

ふぅ~~、やっと市販テキスト↓を完読しました。

入門・金融 改訂2版入門・金融 改訂2版
(2003/09)
不明

商品詳細を見る


ページ数も多いし、範囲も広い....。これじゃ、ヤマかけは難しすぎる。

夏スクの『金融論』で使った市販テキスト↓も読みます。

経済のニュースがスラスラわかる本[金融のしくみ編]経済のニュースがスラスラわかる本[金融のしくみ編]
(2004/01/06)
藤丸 麻紀

商品詳細を見る


蟹のコウちゃんが出てきてわかりやすい。これでサクっとおさらいして、夏の記憶を呼び戻し、再度分厚い方の市販テキストを読む事にします。

『Eスク・都市経済論』は持ち込みだから、最後の最後にどこに何が書いてあるかを確認する意味で読むとして、後は『論理学』の真理表を使った練習問題をしなくちゃだわ。

間に合うかしら....。

1回の科目試験に5科目はキツイですね。これで試験解答の質が下がり、合格率が下がったら元も子もありません。2009年4月の科目試験も5科目受験予定。学習計画を練り直す必要があるかもしれません。と言っても、今回の1月試験で不合格が出てしまうと、不合格科目の再試験が4月になるので自然に科目数が減るんですけどね。


試験勉強中 [6]

『保険学』を終了し、やっと『金融論』に入りました。市販テキストの文字が小さくて、ページ数が多いんですよね。『金融論』の後は、2科目。間に合うかな....。

金融論のレポ返却

タイムリーなことに『金融論』のレポートが返却されてきました。

評価は B。最終ページのコメントを見てみると......5段階評価が各々 4
そして、毎回楽しみにしているコメントは、「小見出しは不要です。」の一言。なんだかねぇ....。脱力。




旅の友

新年も1月2日を過ぎると、寝正月化、TV正月化、NET正月化してきます。そこで、1月科目試験対策のために、『金融論』の市販テキスト入門・金融を読みはじめました。

入門・金融 改訂2版入門・金融 改訂2版
(2003/09)
不明

商品詳細を見る


以前に読んだことはあるのですが、レポートのお題対策の部分だけをサックリと読んで、あとはネットで情報収集をして、レポートを仕上げたので、しっかり最初から最後まで読むのはこれがお初。今さらながら、入門と言っておきながら、全然初心者向けに書かれてないやん...って思っています。これだったら、2008年の夏スクで受講した『金融論』で使った市販テキストの方が1,000倍わかり易いです。


経済のニュースがスラスラわかる本[金融のしくみ編]経済のニュースがスラスラわかる本[金融のしくみ編]
(2004/01/06)
藤丸 麻紀

商品詳細を見る



猛突進!

猛烈な勢いで『金融論』のレポを仕上げました。平均1,000文字/お題だったのであれこれ肉付けをする必要がなく、シンプルにできました。

これで、残すは真理分析で大ゴケして、2008年10月試験を諦めた『論理学』のみです。

レポお題選択

まだ手をつけてないけど、お題を選択しました。

テキストを最初から最後まで読んでいる時間はないので、お題に関連した部分だけ読んで、ウェブで情報収集して補足して書く予定。

A と B から2つずつお題を選ぶので、お題は全部で4つ。

2単位科目なので、レポの文字数は4,000文字。ということは1つのお題に付き、平均1,000文字です。1,000文字では深い事は書けない、つまり要求されていないという訳なので、これはサクっと書けそうです。夏スクで『金融論』も取ったことだしね!

息抜き終了。『西洋経済史(中世)』のレポに戻ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。