スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済原論〔前〕レポ返却

大学からの分厚い封筒が届いていました。最初はピンと来なかったのですが、その分厚さから多分経済原論〔前〕だろうと思いました。

BINGO!

そして、結果は合格でした。よかった。また、1つ片付いた。
スポンサーサイト

終わったよー・送ったよー

2008年のお題で書いた経済原論〔前半〕のレポート。2010年3月末日でお題そのものの有効期限が切れるということをすっかり忘れていて、再提出の期限は5月5日だということばかりが頭にありました。

また、期限ブッチギリです。ははは。

ということで、5月5日までに、2009年または2010年のお題でレポートを書くハメに..。2009年のお題は2008年と同じですが、手書きなので回避し、2010年のお題にしました。

なんとかレポートを仕上げて出しました。

合格しますように!〔後半〕のレポートと〔初回〕〔終回〕の試験は合格しているので、あとはこの〔前半〕のレポートが合格すれば単位につながります。必須科目なので早くやっつけたいところです。

4単位が取れれば、取得単位数は98単位になります。3桁単位までもうすぐです。

再レポの締め切り日

経済原論(前半)の再レポの締め切り日は2010年5月5日必着。
4月受験予定科目の新規レポートからはじめることにします。
論理学と同様、3月1日のレポートの〆切後、経済原論(前半)の再レポに取りかかることにします。

分厚い封筒が返ってきた レポ返却

なかなか返却されてこなかったので、もしや空輸中にどこかで紛失か!?とやや心配になっていた経済原論(後)のレポートが返却されてきました。

恐る恐る開けてみると、合格でした。ヒャホーーーーーーイッ!

残すは経済原論(前)のレポートと終回の試験のみ。今週末は試験です。ますます気合いが入ります。

またかよぉ

経済原論〔前半〕ミクロの再レポが返却されてきました。

結果は D トホホ。。。。

再レポ送付

経済原論の再レポを郵送しました。
一般型のステイプラではとじられない厚さになりました。
少し大型のでも表からとじただけでは裏に針がかろうじて出ている程度でとじられません。一般家庭には通常ないような大型のを買わないといけないかもしれません(泣)。
郵便料金もスゴイです。

エッジワース・ボックスとコアの概念

この攻略本に加え、

試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編
(2007/10)
石川 秀樹

商品詳細を見る


コレ↓、イケます。

ミクロマクロ経済学 I・6. パレート最適


ね、眠い......zzzzzz...

厚生経済学・パレート効率・市場の失敗・エッジワースボックス

ううむ.......厚生経済学関連を学習中。

厚生経済学の基礎定理1&2。効率性に公平性。市場の失敗にパレート効率。この辺りは解ったんだけど、エッジワースボックスの図が今ひとつ理解できません。

厚生経済学の基本理念

厚生経済学の基本定理

解るまで読み込む+解る資料をみつけます。

原論突入

新新・会計学』と『原価計算』をまとめ終わったので、『経済原論』の試験勉強に突入しました。

原価計算』は持ち込みだし、『新新・会計学』と『経済原論』はポイントをまとめてひたすら読み込み暗記して、論述できるように(たまに図表付きで)しておけばOKです。

統計学』と『簿記論』は練習問題をたーんとやらなくちゃ。間に合わせなくっちゃー。

う~ん『会計監査』......やっぱり手が回らなさそうな気配...。でも、ヤマが当たったら単位取得につながるので、ダメもとで受けるってのはありかも。せっかく受験する権利があるので。

原論のレポ返却

『経済原論』のレポが〔前半〕〔後半〕両方一度に返却されてきました。

結果は、両方共に D !

細かく見てくれているところに評価者の誠意が見られていますが、この細かさが多くの人たちが苦しんでいる部分なのかもしれません。

はぁ~。再レポがんばります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。