スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び学習計画見直し

『経済史』のレポートも無事終わったので、2009年1月の試験に向けて再び学習計画の見直しをしました。

事件です!

入学したのは2000年10月。細かく見てみると、なんと「全面書換」の科目があることがわかりました。

【履修予定の全面書換科目】
科目名 ...........[単位数] ... 書換年月
商業学 ...........[2] ........... 2003.04
新会計学(E)...[3] .......... 2007.04
憲法 (E) ...........[2] .......... 2006.04
経済法 (E) ........[2] .......... 2006.04
新会社法 (E) .....[4] .......... 2007.04

追加履修登録が必要で、その費用はなんと1単位JPY4,000。合計単位数は13なので合計でJPY52,000の出費になります。痛い!

『商業学』の配本はIII期前半なので、2000.10入学のワタシの場合、2002.10になります。ところが配本後、たった半年後の2003.04に書換ですよ~~!

さてさて、2009年1月試験に向けて履修予定科目は次のとおり。カッコ( )は単位数。

【2009年1月試験向け履修科目】
A 保険学 (3)
B 論理学 (4)
C なし (0)
D 統計学(A) (4)
E 経済西洋史(中世)(2)
F 金融論 (2)
----------------------------
合計単位: 15

変え過ぎじゃん!ってところなのですが、諸事情がありまして変更に至りました。

【変更前の'旧' 履修予定科目】
A 簿記論 (2) ← バイブル的参考文書を仕入れていなかったので先送り。
B 財政論 (2) ← 『文学』を止めて『論理学』にしたので。先送り。
E 新会計学 (3) ← 追加履修が必要。市販テキストをまだ購入していないことに気づき先送り。

あ~、今日はお休みするけど。明日から早速学習開始だわ。がんばる...
スポンサーサイト

終わったよぉ~♪

ひぃ~、今朝は4時半起床。『経済史』のレポと戦いました。
正直こんなに時間がかかるとは思わなかったです。
先ほど完了しました。レポ枚数8枚。文字数4,800程度。
そして、10分ほど前に Fedex のディスパッチャーに手渡しました。
これで9月1日(月)に間違いなく到着します。

CIMG3675.jpg

疲れた~。




論理学は諦めました(涙)

Fedexに確認したところ、レポートを来週月曜日に到着させるためには、明日の午後には回収されないといけないとのこと。

経済史に取り組んでいますが、やっと工業化が西ヨーロッパに波及したところが終わり、これからその他の地域に当たる新大陸アメリカに差し掛かるところです。今朝も3時半に起床しがんばってはみたのですが、なかなか予定通りに進みません(涙)。

こんな状況なので、『論理学』は2009年1月の試験に先送りです。

10月は次の科目を受験する予定です。

A群 経済学(4単位)
B群 なし
C群 経済史(4単位)
D群 なし
E群 なし
F群 経営学(3単位)
-------------------
合計 11単位 ← 3科目で2桁単位GET(の予定)。

受験科目数が減った分、落とさず、全て合格したいところです。特に、『経済学』と『経営学』は再試なので。

............も、もし、、、、、明日のFedexに乗せることができなかった場合、どなたかに、レポート(ワープロ可)のプリントアウトと投函をお願いするかもしれません。でも、みなさんも同様、試験の締め切りが迫っていてお忙しいのは承知しているので、できる限り、明日の便に乗せる様に努力します。

☆祝☆ 10,000 ヒット

カウンターが 10,000 を数えました。

夏スク辺りから訪問者数がグンと増えています。
ご訪問ありがとうございます。
みなさん一緒に卒業を目指しましょう~♪

Eスク仮登録完了

10月からはじまるEスクの仮登録を完了しました。

受講科目は『マス・コミュニケーション論 (2単位)』です。法学部教育科目ですが、学部を問わず受講可能です。

開催期間は2008年10月6日(月)~12月1日(月)。受講料はJPY20,000です。夏スクの受講料よりもお高いですが、有給取得+渡航費用+滞在費用などを考えるとJPY20,000支払ってでも、遠隔受講し、単位を獲得したいです。

仮登録数が定員の60名を越えてしまった場合は、抽選が行われ、その結果は9月18日(木)にメールでやってきます。

まだまだ "試み" の段階なんでしょうが、Eスクを真剣に早期導入して欲しいですね。

燃油サーチャージに泣く

7月科目試験で受けた4科目の内、50%の2科目も不合格になってしまったので、『経済史』と『論理学』を不合格科目に無理やり加えて、10月科目試験では4科目受験だ!と鼻息を荒立てながら、旅程を立てたのですが、航空運賃に追加される燃油サーチャージが馬鹿っ高くて、頭がクラクラしました。

しかし、ここをケチって、10月科目試験を回避して、1月に持ち越すのはイヤなんですよね。おろろ~ん!本当に泣けます。

とりあえず、レポートの締め切りまでは、レポートに集中して、提出後真剣に「どうやったらできるだけ安く日本に渡航できるか」の技を考えます。

2008年7月科目試験終了後の取得単位数

2008年7月科目試験の結果がきました。

受験科目と結果は次の通り。

経済学(A)..... D
東洋史(C)..... B
経済政策学(E)..... B
経営学(F)..... D

『経済学』はお題を見た瞬間 こりゃダメだ! と思ったとおりでしたが、『経営学』はガックシです。3単位なのにな~。惜しい....。またやらなくちゃ。『経済政策学』はレポートが D なので、単位になっていません。ってことは、東洋史の 2 単位だけですね。ショボーーーーン。

【総合教育科目】33単位

[人文]2単位
- 東洋史 2単位 ☜ コレコレ

[社会]8単位
- 政治学 4単位
- 社会心理学(スク) 2単位
- 経済学(スク) 2単位

[自然]12単位
- 地学 4単位
- 生物学 4単位
- 生物学(スク) 2単位
- 天文学(スク) 2単位

[保健体育科目]3単位
- 体育理論 1単位
- 保健衛生 2単位

[外国語科目]8単位
- 英語VII 2単位
- 英語A 2単位
- 英語I 2単位
- リーディング(スク)2単位
- ライティング(スク)2単位

【専門教育科目】2単位
- 経済原論(スク) 2単位

-----------------------------------
Total ..................... 35単位



...... にしても、ショボイ...。がんばります~。

【経済史】10月科目試験に向けて

夏スクで日本滞在時に、Amazon.co.jpのマーケットプレイスで注文しておいた参考図書を読み始めました。レポートを書くに当たって、リストされた参考文献を最低1冊読む様に指示が出ているので、探して、購入したわけですが、両方共に新書での在庫はなく、入手困難な図書の様です。古い本ですしね。他にも探している方は多いのではないのでしょうか。もっと入手が簡単な本を参考図書として選んで欲しいです。


東洋経済新報社 『国際経済史入門』 荒井政治 著
1973年4月20日 第1刷発行

日本評論社 『プロト工業化の時代』 斉藤修 著
1985年10月20日 第1刷発行


CIMG3674.jpg

ちょうど夏スクの『経済史』で、イギリスの産業革命、ヨーロッパの工業化、日本の工業化について勉強したので、記憶が新しい内に、チャッチャとレポートを仕上げて、受験資格獲得です!

学籍番号を読む

プロフィールに

「やる気満々で入学したのは2001年10月」

と書いた通り、2001年もみじ組だと今までずーーーーーーっと思い込んでいました。
ところが、今頃になって、しかも夏スク時に『塾生案内』を読んで発覚.....
ワタシの入学年は2000年だったのです。

学籍番号の最初の2桁が入学年(西暦下二桁)なんですって!

ワタシの学籍番号の最初の2桁は "00" 。ってことは2000年入学なわけです。

在籍年数が1桁の内に卒業をしようと考えていましたが、2桁になってしまいそうです。

アワワワ!

2008年夏スク2期午後 経済政策 後半

2期・午後 経済政策 チョン 雨宗 君 (4日目~最終目担当)

在日16年目の韓国人のお若い教授です。「大体」を「たいたい」と言ったり、チト、韓国人特有のアクセントがありますが、日本語上手いです。中国の内モンゴル地区とのボーダーにある地域を砂漠化から守る植林活動をされています。

1回:地球温暖化議論と京都メカニズム
2回:国際環境投資と炭素マーケット
3回:経済成長とエネルギー・環境問題
4回:EUの地域特性と国際協力
5回:途上国の経済成長とボトルネック
6回:環境と貿易の相互関係
7回:戦略的貿易借地と京都議定書の補完性
8回:東北アジアの国際環境協調のスキーム


【テスト】
なし。レポートで評価。

【レポートテーマ】
(1)地球温暖化問題と市場メカニズムの活用(JI、CDM、排出権取引)
(2)経済発展とエネルギー問題、環境保全の調和
(3)ポスト京都とアジア共同体への展望
(4)新エネルギーのポテンシャルと課題
(5)WTO体制での国際協調枠組み
(6)その他

レポート用紙5枚。400字詰め原稿用紙8枚。手書き。
レポート構成は以下に従うこと。

1. タイトル
2. 名前・学籍番号
3. もくじ
4. 理由(なぜこのテーマを選んだのか)
5. 文献調査(現在どこまでテーマの研究が進んでいるか)
6. 問題点
7. 提言(自分の考え。こうすればいいのではないか。)
8. まとめ
9. 参考文献一覧

<感想>

った、大変です。ボリュームもあり、講義スピードも速いです。さらに大変なのは、レポート。汗、汗。締め切りは22日(金)当日消印有効。

2008年夏スク2期午後 経済政策 前半

2期・午後 経済政策 藤田泰範 君 (1日目~3日目担当)

指定テキスト『よくわかる経済と経済理論』の著者で、慶応義塾大学経済学部助教授です。



市販図書をテキストとして使うことが案内に書かれていましたが、講義中に使うことはありません。プリントが配布され、それを基に講義が進められます。出席はとりません。


【講義内容】

1回:経済学とはどのような学問なのか。経済循環。GDP。政府支出。財政。
2回:株式会社。株価の決定。株配当金。金融政策(量的緩和)。
3回:地価の決定。アジア諸国、BRICsの現状。経済均衡時の生産個数とGDP。バブルの発生と崩壊。

【テスト】

なし。代わりに、3日間の講義についての感想文・レポート。3日出席で評価「A」、2日で「B」、1日で「C」。授業への積極的な参加態度(発表。朗読。)で追加点。ただし、後半を受け持つチョン教授のつける評価と足して2で割る。


<感想>
いやいや、おもしろいですよ。この先生。冴えてます。寝ているヒマなんてありません。今までの彼の生徒さんたちが作った「作品」をお披露目してくれ、更に理解が深まります。「作品」とは、スライドだったり、漫画のぱくりだったりで、楽しく経済を学ぼうという内容のものです。

【経済政策学】レポート返却

『経済政策学』のレポートが戻ってきました。

結果は、『D

ガーーーーーーン!

レポート形式 - A
原因 - D
厚生 - D
対策 - B

書かなくちゃ....。でも、まずは、10月試験のためのレポートだわ。

2008年夏スク2期午前 金融論

2期・午前 金融論 藤丸麻紀 君

1966年京都市生まれ。88年慶應義塾大学経済学部卒業。慶応義塾大学大学院経済学研究科修士課程を修了。後期博士課程単位取得。慶応義塾大学経済学研究助手を経て、現在、和洋女子大学人文国際社会学科専任講師をしているそうな。今回の教材となった書籍『経済のニュースがスラスラわかる本(金融のしくみ編)』の著者でもあります。



事前に購入が必要な図書は『経済のニュースがスラスラわかる本(金融のしくみ編)』。プリントが配布され、それを基に講義が進められます。出席をとります(質問票を毎日書いて講義の最後に提出)。


【講義内容】

1回:金融とはなにか。経済と金融の関係。直接金融と間接金融。
2回:金融自由化。銀行再編と不良債権問題。
3回:郵貯・財投の役割と改革。
4回:先物・オプションのしくみ。金利の決まり方。
5回:日本銀行の役割。金融政策。
6回:貨幣の機能・役割。
7回:金融のミクロ理論。


【テスト内容】

電卓と自筆のもののみ持ち込み可。60分間。論述式。
出題数は5問。試験問題は講義1日目に配布。以下は1日目に配布された試験問題。

(1)部門別資金不足でみると日本は「海外勘定が赤字」になるが、その意味とは何か。

(2)間接金融から直接金融へのシフトが起きている理由(背景)と、シフトの方法(形)

(3)証券化が果たす役割と問題点

(4)企業と銀行の関係が変化しているが、どのように変化し、その背景は何か。

(5)金融自由化の進展の一方で、自己資本比率規制・ペイオフの制限等が強化さえた理由。

(6)財政投融資が高度成長期に果たした役割と、今後の意義として考えられるもの。

(7)オプションの経済効果の計算問題。

(8)ロンバート型貸出制度の導入で、公定歩合の役割がどのように変化したか。

(9)日本銀行の買いオペの方法と、経済への波及経路(日本銀行や銀行のバランスシートを用いて説明する)。

(10)貨幣の基本的な機能を3つあげて説明する。

(11)電子マネーなどの新しいお金の普及による影響、問題点など。

(12)金融のミクロ理論に基づき、家計の金融行動をグラフで説明する問題。

2008年夏スク1期午後 経済史

1期・午後 経済史 山本裕 君

ジュニア時代から慶應、学部生時代は弓道(体育会)に励み、何となく大学に残ってしまい、研究者になってしまったというお若い教授でした。

事前に購入が必要な図書はありませんでした。配本される『経済史』が補助的な教科書になります。配布プリントで講義が進みます。出席はとりません。


【講義内容】

1回:経済史を学ぶ意味
2回:近代化への道 - 近代ヨーロッパ経済 (1)
3回:近代化への道 - 近代ヨーロッパ経済(2)
4回:近代化への道 - 近代ヨーロッパ経済(3)
5回:産業革命 - 「産業革命」をどう捉えるべきか? 
6回:日清・日露戦争前夜の世界情勢 - 帝国主義世界体制の形成と日本・東アジア -
7回:帝国主義世界体制の形成と日本・東アジア - 東アジアにおける帝国主義 -
8回:近代日本における「満州」進出 - 日露戦争を契機として -
9回:第一次大戦期~大戦後における日本帝国主義とアジア


【テスト内容】

持ち込み可。60分間。論述式。
4問の中から1問を選択

(1)近代ヨーロッパ経済においては、前半期における「長期の16世紀」を受けて「不況の17世紀」を迎えたとされる。しかし、その一方で、「不況の17世紀」という表現がかならずしも妥当ではない、「もうひとつの17世紀」も存在したとされる。おれら2つの見解が提出されるに至ったそれぞれの地域経済についての状況を、「長期の16世紀」と対称させつつ、多角的に論じなさい。


(2)18世紀後半期より、イギリスにおいて生じた工業化「産業革命」については、多面的な見方、ならびに、評価が存在するものと思われる。それら見解をより幅広く挙げた上で、論じなさい。

(3)日清・日露戦争は当該期に本経済、わけても対外経済進出の側面において、如何なる影響を与えたか。日清戦争以前からの状況をふまえた上で、日清戦争後に生じた経済的状況についてもいくらか触れた上で、日露戦争による影響も併せた上で、論じなさい。

(4)「社会的経済的「困窮」」と、軍事的暴発(=「侵略」)は、如何なる関係を有するか。本講義で扱ったトピックを題材に論じなさい。


おまけ(任意問題)

本講義の受講を終えて、貴君にとって、本講義に点数をつけるとしたら何点になりますか。なお、回答するにあたっては、その理由を 良かった点、悪かった点 などにわけた上で、お願いします。

真摯な意見提出が認められた場合、いくらかの加点を致します。


<感想>

午後の大教室での授業なので、ね、、、眠いです。
近代ヨーロッパ経済や工業化、アジア経済など、現在有効なテキスト学習「経済史」のレポートのお題に直結しているので、入り口としては良いです。記憶に残っているうちに「経済史」のレポートにとりかからなければ....。

2008年夏スク1期午前 マーケティング経済学

暑~い日吉で夏スク1&2期を受けました。

1期・午前 「マーケティング経済学」 樫原正勝 君

今年を最後に夏スク担当を引退される商学部の教授でした。

事前に購入が必要な図書はありませんでした。出席はとりません。


【講義内容】

1日目:マーケティングとは
2日目:マーケティングと経済学を結びつける & 価格論
3日目:価格論
4日目:広告論
5日目:広告論 & チャネル論
6日目:チャネル論 & マーケティング管理論
7日目:マーケティング管理論 & テスト


【テスト内容】

持ち込み可。70分間。論述式。
10問の中から4問を選択

(1)なぜ自動車メーカーはつぎつぎと新車を発表するのだろうか。その場合、その新車に新しいブランドをつける一方、ボンネット前やトランクの後ろになぜ企業マークをつけるのだろうか。原理を説明しなさい。

(2)なぜ「理論は大事だ。理論を学べ」といわれたり、現実に経営実践を行っている企業経営者が産学協同をしたがったりするのだろうか。その理由をヘンパル・オッペンハイムモデルを用いて原理的に説明しなさい。

(3)希少性下にあっては、経済行為は技術化の方向と節約化の方向のもとに経済合理性を追求する形でなされるが、技術化の方向と節約化の方向の具体的形態を、マーケティング行為の実例をあげて説明しなさい。

(4)他の事情を一定にして、ある企業が他企業よりも多いプロモーション費を投じて、他企業より多くの利潤を得ることができる効果も、究極的にはその効果を失い、プロモーション費の追加をもっては利潤を得ることができなくなる理由をチェンバリンのモデルを援用して説明しなさい。

(5)18世紀後半、陶器「クイーン焼」の名で成功したJ.ウェジウッドは、大量生産ー大量販売を志向し、ブランド、定価販売、広告などの非人格的な合理的マーケティング活動を展開することによって成功したといわれている。この例にみるようにマーケティングの合理化は非人格的な手段によって展開されたが、なぜ非人格的手段が必要とされるのか。その理由を説明しなさい。

(6)執行構造に対する中枢構造の優位性という観点から、なぜマーケティング執行活動をなす上で、マーケティング管理者が持つ知識が重要なのかを説明しなさい。

(7)保健薬や多くの耐久消費財など消費者がその製品の品質を知ることができない製品の場合、広告が盛んに行われる傾向がある。その理由をネルソンの議論を用いて説明しなさい。

(8)「完全競争においてはマーケティング活動そのものが存在する必要がない」と言われる理由について論拠を明らかにする形で説明しなさい。

(9)百貨店やスーパーマーケットなどでは、なぜ客ごとに「お客さんまけとくよ」「もっと安くして」といった価格交渉がないのだろうか。交渉型価格から固定型価格を生じさせる原理的条件と関連させて、その理由を説明しなさい。

(10)同一の広告費用曲線を持つ多数の企業がみな、自社で行っていた広告活動を彼らと同じ広告費用曲線を持つ広告代理店一社に移転させ、アウトソーシングする場合、それら企業が広告活動をアウトソーシングすることが効率的となる条件はどのような条件か、スティグラーのモデルを用いて原理的に説明しなさい。

(以上、各25点)

おまけ問題

この講義の授業評価をしなさい。(3行以上書けば5点)


<感想>

なかなか面白いですよ。ボリュームがあるので、聞いて消化、聞いて消化の繰り返しが大変ですが、テストではおまけもくれますし、全員合格させてくれる数少ない教授だと思われます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。