スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年1月科目試験受験科目

ギリギリで『論理学』のレポを仕上げ、日本に飛んだ友達に運び屋になってもらいました。その友達から「投函完了。xx時xx分集荷予定。」というSMSがあり、これで〆切に間に合ったことが確認でき、ホッと一息です。

これで、2009年1月の科目試験に次の科目を受験することができるようになりました。カッコ( )内は単位数です。

A群 保険学 (3)
B群 論理学 (4)
C群 なし
D群 経済地理(Eスク)(2)
E群 西洋経済史(中世)(2)
F群 金融論(2)
--------------------------------
合計 .................... 13単位

論理学』の単位が取れたら、やーっと、卒論登録ができる!でも、無理だろうな....。レポが....、量化理論のところが全くイケてない。

ちょっと、ココで夢の話を。

現在の取得単位数が50。
試験は合格しているけど、レポートが不合格で単位取得に至っていない科目が6単位。
で、2009年1月の科目試験でバッチリ全科目合格して、レポも全科目合格すると、

50 + 6 + 13 = 69単位

ステキだわ~~~!
スポンサーサイト

Fedexに間に合わなかった......

こんなに手書きに時間がかかるとは!正直驚きました。

あっという間に時間は過ぎ、12月1日(月)必着にするためのFedexにレポートを載せることはできませんでした。

あうぅ~。

あうぅ~。

ガルルルルル。

ヒヒ!でも、大丈夫!何と、成田に飛ぶ友人を発見。彼女にレポートを託しました。成田空港に到着したらすぐに空港ターミナル内のポストに投函してくれるって。はぁ~、これで12月1日の当日消印有効に間に合います。

手書きレポート科目は選びたくないです。見直しが必要ですね。

量化理論 続きの続き

う~~~~~~む。

論理学論理学
(1994/02)
野矢 茂樹

商品詳細を見る
『論理学』の攻略本。これがあれば慶應通信の意味不明なテキストは不要と好評の一冊。

読んでも、読んでも、何かスッキリしない『論理学』。
本当はもっと簡単に説明できんじゃないの。ド素人向けに、もっと細かな判りやすい解説付きで書いてよ!って言いたくなっちゃうな。初学者向けらしいのだが、練習問題の回答に頭をひねる.....。なんでこんな回答に至ったのだ...。ムムムム。

そうやっている間にも刻々と時間は過ぎて行く。

もーーーーーーー、D 覚悟でとりあえず、書きまっか!手書きだしね。古典だね、古風だね。涙が出るね~~~~。

ちょっと助けてくれるかもな情報発見。

多重量化を克服せよ

克服できるんだろーか。しょんぼり。

量化理論その後

量化理論、嫌いだ~~~~~!

      ドカーーーーーーン!!

      バコーーーーーーーーーーーン!!!
爆破

量化理論

3度目の挑戦で、やっと真理値分析を理解できるようになり、練習問題もつまずくことなく解き終わり、「きゃ~、クイズみたいで楽しいじゃん。ワタシって、天才!このままいけば、論理学なんて簡単よー。」なんて、気を良くしていました。あぁ.....、なんて単純で無邪気なワタシ。

ところが、量化理論の勉強に入って早々、再び脳が拒絶反応を示しはじめました。

お題はこんなん。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
真理関数の理論と量化理論の違いについて説明しなさい。
どのような場合、量化理論が必要となるのかを説明しなさい。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

なので、量化理論でつまずいていたらレポートが書けないのですね。うぅぅ~、どんどん時間がなくなっていく。ホント、焦るわ。

何なのよ、量化理論!!!

猛突進!

猛烈な勢いで『金融論』のレポを仕上げました。平均1,000文字/お題だったのであれこれ肉付けをする必要がなく、シンプルにできました。

これで、残すは真理分析で大ゴケして、2008年10月試験を諦めた『論理学』のみです。

2008年10月科目試験終了後の単位取得数

2008年10月科目試験でGETした7単位が新たに追加されました。

【総合教育科目】37単位

[人文]2単位
- 東洋史 2単位

[社会]12単位 
- 政治学 4単位
- 社会心理学(スク) 2単位
- 経済学(スク) 2単位
- 経済学 4単位 ☜ コレ

[自然]12単位
- 地学 4単位
- 生物学 4単位
- 生物学(スク) 2単位
- 天文学(スク) 2単位

[保健体育科目]3単位
- 体育理論 1単位
- 保健衛生 2単位

[外国語科目]8単位
- 英語VII 2単位
- 英語A 2単位
- 英語I 2単位
- リーディング(スク)2単位
- ライティング(スク)2単位

【専門教育科目】13単位
- 経済原論(スク) 2単位
- 経済史(スク) 2単位
- 経済政策(スク) 2単位
- 金融論(スク) 2単位 
- マーケティング経済学(スク) 2単位 
- 経営学(E) 3単位 ☜ コレ

-----------------------------------
Total ..................... 50単位

『経済史』と『経済政策学』のレポが合格すれば、6単位加算で56単位です。

捕らぬ狸の皮算用になりません様に....
524px-ShigarakiYaki.jpg


2008年10月科目試験の結果

2008年10月の科目試験の結果が届きました。

CIMG3921.jpg

経済学 ...... B (4単位)
経済史 ...... A (4単位)
経営学(E) ...... B (3単位)

で、全科目合格しました~。パチパチパチ。

でーもー、『経済政策学』と同じですね....。『経済史』のレポが合格していないのです。なので、今回の試験で追加された単位数は7単位になります。

3度目の挑戦

論理学』3度目の挑戦中。

1度目。教材のテキストを読み始めるも、これ日本語で書いてある?って疑問が沸くくらい読解不可能になり、脳がグツグツに茹り沈没。これをきっかけにテキストを廃棄処分。『文学』に変更したが、『文学』も死亡。日本語が不自由な自分に立腹。

2度目。学友のAliceちゃんに薦められ、明るい光が暗雲の間から差し込み、すっかりその気になる。ミカエル~!天使様がワタシに降り立つ。気を取り直して、以下の攻略本を購入。

論理学論理学
(1994/02)
野矢 茂樹

商品詳細を見る


野矢君と道元と無門の会話に入れず、またもや沈没。日本語が不自由なのではなく、脳が不自由でることに気がつく。

そして、3度目の正直!攻略本を読みつつ、ウェブ上で公開されている情報を読んで理解を深める。

コレ↓よろしくてよ!

論理学の知識

っというわけで、現在学習中です。なんとかレポートを仕上げたい。



小レポ第一回目の結果がきました

Eスク『経済地理』の小レポ第一回目の結果が発表されました。

A-

でした。

レポートの形式上の番号の振り方に誤りがあったというのがその理由。形式、誤字脱字に厳しい先生であることがわかりました。試験のときは特に注意が必要ですね。


レポ完成

うひょひょ~い。

西洋経済史(中世)』のレポート完了。明日、国際郵便で発送します。

残すは『論理学』と『金融論』。この2科目はギリギリにクーリエで発送だわ。もう郵送じゃ間に合わない。でも、クーリエがコケたときに(行方不明や遅延)全科目コケないように、発送は分散します。

レポお題選択

まだ手をつけてないけど、お題を選択しました。

テキストを最初から最後まで読んでいる時間はないので、お題に関連した部分だけ読んで、ウェブで情報収集して補足して書く予定。

A と B から2つずつお題を選ぶので、お題は全部で4つ。

2単位科目なので、レポの文字数は4,000文字。ということは1つのお題に付き、平均1,000文字です。1,000文字では深い事は書けない、つまり要求されていないという訳なので、これはサクっと書けそうです。夏スクで『金融論』も取ったことだしね!

息抜き終了。『西洋経済史(中世)』のレポに戻ります。

やること多いし、誘惑が多くて

週末は勉強だ!

っと、週末が近くなると強く決心をするのですが、いざ週末に突入すると、人とのおつきあいもあるし、平日にできない家事労働はあるし、いろいろな誘惑はあるしで、なかなか思い通りに勉強やレポ作成が進みません。そして、日曜の夜になると「この週末もまた進まなかった....。何もできなかった....。」と凹むのです。その繰り返しで何週末を送り続けたことか。

西洋経済史(中世)』だって、本来ならば先週末に完了し、今は『論理学』のお勉強をしているはずなのです(苦!)。

まじっ、いい加減、時間的にヤバイ。

心を入れ替えて、2時間ほど前から『西洋経済史(中世)』のレポートに取り組んでいます。終わったら報告します~。

以上、チト、息抜きでした。

ドキドキドキ

世の中では10月の科目試験の結果が届き始めているらしい.....。
ポストを開ける度にドキドキだわ。

10月は3科目を受けたんだけど、全科目評価はどうであれ合格していると思うんだよね。
それくらい自分でも手ごたえを感じた。

キターーーッ!

山・山・山って。

燃え尽き

西洋経済史(中世)』のテキストの本文をまとめながら読み終わりました。今、オマケの後ろの部分を読んでいるところです。

書き過ぎ、キーボード叩き過ぎで、手が痛い。肩も凝ってる。

早くも燃え尽きた感がでちゃいました。まだまだこれからレポートの執筆に取り掛からなくちゃいけないというのに。しかも、その後に『論理学』と『金融論』が待っている。1科目ならまだしも、2科目も。締切りまで、時間と自分との戦いです。

コソコソコソ

ボス不在。同じチーム所属の同僚不在。

っこ、これはチャーーンス!

西洋経済史(中世)』内職中です。

コソコソコソ。外人で良かった。グフフフ....。

レポートを完成させる予定でしたが(トホホ)

西洋経済史(中世)』のテキストはすでに完読、関連箇所抽出済み。更に『経済史』の関連箇所も再読済。夏スクで取った『経済史』の記憶もまだ残っているので、簡単に書けるね~ん。と余裕こいてましたが、いざ書くとなるとムムムム!理解したつもりが実はしていなかったことが発覚。

科目試験にも必要なので、熟読しながらノートにまとめることにしました。時間はかかりますが、合格できるレポートになるはずなので、手を抜かずに進めます。『経済史』のレポートが不合格だったので、歴史系のレポート2つを不合格にしたまま年越したくないし。

あっと言う間の1年になりそうだわ。2008年の年のはじめに「今年こそは、勉強を再開するぞー!」と宣言してから早くも11ケ月+が経過。2008年期最後の科目試験のレポート締切まで残すところあと2週間。そして、年末がやってくるまであと1.5月。あれやこれやカウントダウンのはじまりです~。一時でも無駄にしないようにがんばらねば~。気合いじゃ~~~~!!

MIXIで『経済政策学』を問う

経済政策学』の再レポが D で戻ってきて凹み気味。

経済学部所属の人たちが口をそろえて 「経済政策学は難関よ!」 と言っているだけあります。科目試験は初回で合格しましたが、レポートが合格しないかぎり、単位に結びつかないし、ワタシの学習しているのは改定前のものなのでもうすぐなくなってしまうのです。何とかその期限までにレポートを合格させないと、せっかく合格している試験の結果までもリセットされてしまいます(涙)。

それで、どれくらい難関なのか。他の経済学部の塾生のみなさんが何回レポートを提出して合格しているのか。何が問題なのか。何が合格の秘訣なのか。などなど再々レポの対策も兼ねて、ワタシが所属しているMixiのコミュニティ慶應義塾大学通信教育課程の管理人さんのお力をかりて、アンケートを公開していただきました。

アンケートへのリンクはコチラ

みなさん、是非ご協力ください。ワタシも初回提出レポと再提出レポの評価を読み直してアンケートに参加します。

第二回目小レポ提出

200~400文字なんてスグにできるだろうと、なんだかんだ理由をつけてダラダラと今まで来ちゃいましたが、ついに提出しました。ハハハ。

ステータスがめでたく 11/14 提出済 になりました。

これで『経済地理』はひとまず終了。テキストとPDFの資料は、2009年1月の科目試験の試験勉強のときまでお休みです。

あ~、提出日で再確認。もう11月14日なんですね。次のレポ締め切りは12月1日(月)。だけど、ワタシの発送締め切りは11月30日(土)。あと2週間ポッキリ!週末はあと2.5回。土曜日に『西洋経済史(中世)』のレポをやっつけて、日曜から『論理学』のお勉強だわ。

Eスク進捗状況[5]

終了しました。

第01回 都市化と都市経済
第02回 大量生産システムと都市経済
第03回 集積の利益と外部性
第04回 技術革新と集積の自生的展開
第05回 国際分業と分散ネットワーク型集積
第06回 都市経済の空間的内部分化
第07回 中心性と都市システム
第08回 都市の概念
第09回 コンビニエンスストアの立地論
第10回 百貨店の立地論
第11回 IT産業の立地
第12回 IT産業の立地
第13回 現代の立地論「ポール・クルーグマン」

さてさて、第二回小レポに取りかかりますかね。

提出者は現在9名です。

がっくりんぐ

経済政策学』の再レポが返却されてきました。

結果は D

落ち込み........ 。難関だわ。

そして、ついに出番がやってきた。



買っておいてよかった.....。

Eスク進捗状況[4]

毎日がんばって学んでます。

今日現在でここまで終了。残すは4つ。

第01回 都市化と都市経済
第02回 大量生産システムと都市経済
第03回 集積の利益と外部性
第04回 技術革新と集積の自生的展開
第05回 国際分業と分散ネットワーク型集積
第06回 都市経済の空間的内部分化
第07回 中心性と都市システム
第08回 都市の概念
第09回 コンビニエンスストアの立地論

一時停止も機能する様になったし、パフォーマンス性も良好です。

第一回小レポが先日締め切られたわけですが、確かEスクの定員数は各科目60名でしたよね。しかも、申し込んだけど抽選にはずれてしまい受けられなかったEスク受講希望者もいたはず。なわけですが、第一回小レポの提出者は定員を大きく割り込んでたったの45名です。第一回小レポを期限内に提出しないと、第二回小レポを提出する権利も、2009年1月の科目試験を受ける権利もなくなってしまうのでしょうか。それとも、評価対象が1つ減ったということで減点になるだけなんでしょうか。

MAC vs WIN

WIN環境でのビデオ再生が良好だったので、自宅のMACでWINを走らせて第08回に参加してみました。

とーこーろーがー!

全くイケてない。ビデオは紙芝居状態。音声は猛烈なシャックリに苦しんでお話している状態。何を話しているのか、ほぼ聞き取れない状態でした。ワイヤレス環境だったので、ケーブルを直接繋いで再テストしたのですが、状況は変わりませんでした。

再起動して、MAC環境でビデオを再生してみたところ、良好でした。

更に驚いたことに、今まで機能しなかった一時停止が機能する様になっていて、びっくり!UPDATEもなーんもしていないのに。一体何が起こったのでしょうね。

第一回小レポ提出~

夏休みの宿題を最後の1週間にならないとやらない、
当日にならないと当日授業のある科目の教科書やノートをランドセルに入れない、
なんでもギリギリな子供だったこともあり、今回の E-schooling のレポも締切日の今日になってようやく書き始めました。

ふおぉっふぉっふぉっつ!

できたもんね~ん。

ステータスがめでたく 11/8 提出済 になりました。

これで、おいしいゴハンにありつけます。ちゃお~。

Eスク進捗状況 [3]

WIN環境で第07回の講義に参加しました。

おぉ!なんと、一時停止も機能するし、ビデオの右隣にスライドまで表示されていました。08回以降は、WIN環境で講義に参加することに決定。悲しいことに何かとこういう時に弱いMACでした。ブートキャンプをしておいてよかった....。

これで全13回の内、以下の7つを終了できました。

第01回 都市化と都市経済
第02回 大量生産システムと都市経済
第03回 集積の利益と外部性
第04回 技術革新と集積の自生的展開
第05回 国際分業と分散ネットワーク型集積
第06回 都市経済の空間的内部分化
第07回 中心性と都市システム

レポートの提出状況は、現在のところ第一回が35名、第二回が3名です。今日が第一回の提出期限なので、これから早速書くことにします。

Eスク進捗状況 [2]

MAC環境は変えずに、ワイヤレスネットワークから直接ケーブル接続に変えてみました。一時停止機能の動作は変わらなかったので、これは Real Player のバグだと思います。

さてさて、直接つないだだけあってパフォーマンスは良好。ハングはありませんでした。なので、時間とおりに進めることができました。

これで全13回の内、以下の6つを終了できました。

第01回 都市化と都市経済
第02回 大量生産システムと都市経済
第03回 集積の利益と外部性
第04回 技術革新と集積の自生的展開
第05回 国際分業と分散ネットワーク型集積
第06回 都市経済の空間的内部分化

第05回まで参加すれば、第一回小レポ800文字は書けます。さて、そろそろ書き始めようかな。提出者は現在24名です。

第05回のビデオの1:28以降音声がなくなります。ハード及びソフトの音量調整とミュートのオン・オフをいじくりましたが変化なしです。元データ自体に問題があるんじゃないでしょうか。みなさんちゃんと聞けてますか?

Eスク進捗状況[1]

今日はパフォーマンスも良好でハングも少なかったので、2コマを受けることができました。

これで全13回の内、以下の4つを終了できました。

第01回 都市化と都市経済
第02回 大量生産システムと都市経済
第03回 集積の利益と外部性
第04回 技術革新と集積の自生的展開

気がつきました。事件です!バグです!!

MAC環境でReal Playerを使って講義に参加しているのですが、一時停止ボタンを一旦押し、再開のボタンを押すと、ビデオの一番はじめに戻ってしまいます。

LoadingにReal timeとほぼ同時間がかかるので、一時停止した位置に進ませることは無理。カーソルを一時停止をかけた時間に移動させると、アプリが強制終了してしまいます。

これじゃ、途中でトイレに行ったり、飲み物を取りに行ったりできません。次はWIN環境で試してみます。

早くも次のお題発表

のたのたしている間に時間だけが過ぎ、早くも次ぎのお題が発表になってしまいました。

お題はコチラ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
東京の大手町、ロンドンのシティ、ニューヨークのウォールストリートなど、金融業の中心が都市の中心部に位置する理由について考えられることを、立地論で学んだことを踏まえて説明しなさい。
(文字数は200文字以上400文字以内とする。)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

提出期限は2008/11/21 23:59:00 。

なんと、すでに1名が提出済。

とりあえず

とりあえず........講義12回分の資料を印刷しました。い、いや、ホントとりあえずってところが苦しい。

第一回目のレポートにまだ取りかかっていない状態です。とは言っても、すでに19名の受講者がレポートの提出をしているという情報がEスクの課題提出状況に書かれていて、またもや汗、タラリ.....。

だってね、遅いんですよ。頻繁に止まるんですよ。そして、どんなヒントか講義中に隠されているのかわからないからやっぱり全部聞かなくちゃって気になっちゃいます。

今日はひとまず、印刷した資料に目を通して、テキストブックを読み進めます。今週金曜日までにやっつけます。800字なので、書くことが固まって、書き始めたらあっと言う間に終わることは間違いなしなはず。

もう11月ですかい!.........汗っ

ぎゃーーー!

もう11月になっちゃった。

2009年1月の科目試験用レポ〆切までつまりは1ケ月を切ってしまったってことですよ。提出済のレポは今のところ『保険学』のみ。

早急にやっつけなくちゃならないのが『西洋経済史(中世)』と『Eスク・経済地理第一回レポ』。

お勉強を開始していない科目が『論理学』と『金融論』。こりゃ、とりあえず上のレポを速攻終わらせて、未着手科目のお勉強そのものを早急に開始しないと間に合わなくなっちゃうわ。

がんばる。ガルルル、ガルルル。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。