スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり変だった.....

『経済原論』〔マクロ〕のレポートを書くに当たり、参考文献のうちの1冊に↓の本を選びました。

基礎コース 経済学 (基礎コース経済学)基礎コース 経済学 (基礎コース経済学)
(2003/11)
塩沢 修平

商品詳細を見る


肝心なお題にドンピシャ関連のある AS-AS曲線 の財政政策の効果の部分が???でした。
本文を読んで、図を見て、本文を読んで、図を見て.....何度も何度も繰り返しましたが、意味不明。

もしや、誤植かと思い、「基礎コース 経済学」 サポートページ で確認してみたものの、掲載されていませんでした。

ワタシの頭がおかしいのだろーか......〆切は迫ってるし、とりあえず今回は自分の理解を基にレポートを書くとして、でも誤植なのか、ワタシの理解がおかしいのかはっきりさせたく出版社に問い合わせをしました。

ワタシの問い合わせ内容

塩澤修平著「基礎コース 経済学」P210 にある 「財政政策の結果」の説明と、P211の図7-12が合致していないと思います。 ご確認ください。

出版社からの回答

このたびは小社『基礎コース経済学』につきまして、お問い合わせを頂き誠に有り難うございました。ご照会を頂き恐縮に存じます。ご指摘の通りでございまして、ただいま著者から下記のような指示が参りました;

「ご指摘のようにP210にある「財政政策の結果」の説明と、P211の図7-12が合致しておりません。訂正方法としては本文を変えてもよいのですが、P213の図7-13との整合性も考えて、P211図7-12のYの添え字の1と2を上下とも入れ替えるようにしてしていただければと考えます。」

ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。まずはお詫びと訂正まで申し上げます。


ということです。

本日、再度 「基礎コース 経済学」 サポートページ を確認しましたが、まだ訂正箇所について情報が追加されていないので、この図書を攻略本にして『経済原論』〔後半〕のレポートと戦っている方は、ご留意くださいね。おかしいと思いながらも攻略本に沿ってしまうと 「全く理解していませんね。」 な評価をもらってしまうかもしれません。

〆切まであと1週末。がんばりましょう!
スポンサーサイト

ついに統計学

統計学』をはじめました。期限は3月2日(月)。
昼も夜も頭からはなれません。発狂!
がんばる......。

〔後半〕完成だぁ!

経済原論』〔後半〕のレポートが完成しました。
4,000文字では収まりきれませんでした。
そして、グラフ数は12です。はぁはぁはぁ....。
脳が筋肉痛中ですが、『統計学』行きます。

レポート作成実況中継

経済原論』〔後半〕のレポートを鼻息を荒くして作成中。フンガー!
現在2,400文字。財市場・貨幣市場での分析執筆中。
残りは財市場・貨幣市場・労働市場の部分。がんばる~~~~。

〔後半〕書き始めます

経済原論』〔後半〕のレポートを書き始めます。

1. 総需要関数および総供給関数について説明しなさい。

なんて言ってるけど、実のところ期待はこんなんかな↓と考えています。

1. ケインズモデル
  総需要の大きさに合わせて総供給の大きさが決まる所得決定理論
  有効需要の不足によって非自発的は失業が生じる。解決策として政府の経済への介入OK。

2. 財市場の均衡
  総需要(消費+投資)と国民所得の均衡を求める。
  45度線分析。
  政府の公共投資をすることによって総需要が↑。国民所得が↓。

3. 財市場と貨幣市場の均衡
  利息率と国民所得の均衡を求める。
  IS-LM曲線分析。
  財政政策と金融政策によって利息率と国民所得が↑↓。

4. 財市場・貨幣市場・労働市場の均衡
  物価水準と国民所得の均衡と、労働の限界生産力=実質賃金率を求める。
  AD-AS曲線分析。
  財政政策と金融政策によって物価水準と国民所得が↑↓。

週末後半には、『統計学』に入れるかもしれません......そうあって欲しい....です。

ぼんやりと....

『経済原論』〔後半〕の総需要関数と総供給関数と戦っています。

勉強をはじめてしばらくは「わかんねーーーーーー!」と発狂しそうだったのですが、少しずつ頭の中が整理されてきました。

●財市場・貨幣市場・労働市場での均衡。
●財市場における45度線分析(縦軸に総需要・総供給/横軸に国民所得)→国民所得が決定する。
●財市場・貨幣市場におけるIS-LM分析(縦軸に利子率/横軸に国民所得)→国民所得と利子率が決定する。
●財市場・貨幣市場・労働市場におけるAD-AS分析(縦軸に物価水準/横軸に国民所得)→財市場では国民所得と物価水準、貨幣市場では貨幣量と利子率、労働市場では労働雇用量と賃金率が決定する。

これもまた、4,000文字ではおさまりそうにもありませんね。

Amazonでお買い物

この本がわかり易いので、上級ミクロとマクロを買うことにしました。

試験攻略 経済学入門塾〈2〉ミクロ編試験攻略 経済学入門塾〈2〉ミクロ編
(2000/04)
石川 秀樹

商品詳細を見る


【上級・ミクロ】
試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編
(2007/10)
石川 秀樹

商品詳細を見る


【マクロ】
試験攻略新経済学入門塾 1 マクロ編 (1)試験攻略新経済学入門塾 1 マクロ編 (1)
(2007/08/11)
石川 秀樹

商品詳細を見る


【上級・マクロ】
試験攻略 新・経済学入門塾〈3〉上級マクロ編試験攻略 新・経済学入門塾〈3〉上級マクロ編
(2007/10)
石川 秀樹

商品詳細を見る


経済原論』のレポートが D で戻ってきたとき + 試験対策用です。

経済原論〔後半〕お役立ちリンク集

経済原論』〔前半〕のレポートを書留郵便で発送しました。これで一安心です。

経済原論』〔後半〕のレポートに昨日から取り掛かりました。あぁ、なんだか苦手です。

【お役立ちリンク集】

総供給
総供給関数
総供給曲線(AS曲線)
総需要
総需要関数
総需要曲線(AD曲線)
AD-AS分析
45°線分析
有効需要の原理
数量調整
ケインズモデル(所得決定理論)
新古典派理論(所得決定理論)

やらねば.....。今週末を目指します。そして、その後は最後の科目『統計学』です。


〔後半〕マクロレポート

さて、『経済原論』の〔後半〕のお題はコレ↓

1. 総需要関数および総供給関数について説明しなさい。

なんとなーく頭に浮かぶのは、45°線、IS曲線、LM曲線。あぁ....ワタシミクロ派だし...。経済学部所属と言ったって商業・商学・経営系を学びたい人だし...。

まっ、そんなことも言っていられませんね。必須科目だし、何てったって "原論" なので。

そこで...........

【お役立ちリンク集】

総需要と総供給

第9章 物価と総需要・総供給

総需要・総供給モデル

あとはコレ↓

イントロダクション マクロ経済学講義イントロダクション マクロ経済学講義
(2002/03)
西 孝

商品詳細を見る


がんばります!

障害発生中

やっぱりカウンターは変でした。

今日はこんなんだ。

counter1.jpg


FC2より障害報告がされていました。復旧するまで待ちますか...。さぁ、そんなこと気にするよりレポだわ。
----------------------------------
以下の障害が併発しております。

【障害内容】
・時間別統計の数値に偏りがある
・設置カウンターのカウント数が週間カウントに反映されない
・設置カウンターのカウント数が日別統計と時間別統計に反映されない
----------------------------------

最近スゴイんです

最近スゴイんです。


何がって、アクセス数が........、FC2さんのカウンターが壊れちゃっているのかと心配するくらい。だって、こんなんです。

counter.jpg

3日前まで100台だったのですが、2日前に359アクセスになり、昨日は309です。やっぱりカウンターが壊れているのかな。

とは言え、公開モードで日記を書いているのだけあって、同じ慶應通信のお仲間さんや通信過程への入学を考えている方を含め、沢山の方たちに読んでいただき、情報交換をしたいのでアクセス数が増えることはとっても喜ばしいことです♪

みなさん卒業を目指してがんばりましょう~。

グラフづくり

経済学』のレポートのときもそうでしたが、『経済原論』のレポートに入れ込むグラフづくりが手間です。

ワタシは、MS Excelを使って行列の高さと幅を同一にして正方形の箱をつくり、それを元にグラフィック機能を使ってチマチマ曲線を描いています。文章づくりはともかく、この作業が面倒で面倒で......。曲線が思う様に描けずグニッと他の方に向いてしまったり、歪になってしまったりすると、ウキーーーーッ!ってきちゃいます。

ちなみにコレ↓は『経済学』のレポート用につくったグラフです。

予算線2

みなさんは、どんなツールを使って、どうやってグラフを作っていますか?

やっと書きはじめました

経済原論』の〔前半〕のレポートをやっと書きはじめました。ここ2・3日で完成させて、今週末は〔後半〕のレポートに取り掛かりたいです。

それが終わったら、『統計学』に取り掛かってレポート4本をやっつけます。

手書き用レポートが届きました

先日ウェブ経由で注文をした手書き用のレポートが郵送で届きました。

送り状に「次回は日本に送ります。」という手書きのメッセージ付き。

今回は、特別に対応をしました。という意味ですね。ありがたや~。
...でも、考えてくれてもいいのにね。国外から学んでいる塾生がいるのは確かだし、手数料を取られても、日本の住所へ送付→そこから国外住所に転送の2つのステップを経るよりはずっと速い。お金で解決できるオプションがあってもいいじゃないって思います。

事務所が販売しているなら、せめて科目試験期間中の土日は事務所を開けて販売してくれたら、科目試験で三田に行ったときに買えるのに。事務所を開けることができないというなら、願書を販売している自動販売機のでレポート用紙も販売してくれるとか、三田にある書店や文具店で販売してくれるとか、もっと入手しやすい環境を作って欲しいですね。

Again、レポート用紙はここから注文できます。ログオンIDとパスワードは慶應通信のニューズレターに同封されてくるものです。クレジットカードで精算することができ、日本国内住所に発送してくれます。便利なので是非利用しましょう。

ポカッポカッポカッ!ポカポカポカポカポカ!!

あ~~~~~(叫び)っ!

あうぅ~~~~~~~(叫び)っ!!

サボってしまった!!

たっぷりと昼寝して、食って、飲んで、寝て、遊んでしまった~~~。昼寝をしたから、今朝は早起きしてレポートをやっつけるはずが起きたらいつもどおり。昼寝をしたにも関わらず、夜は夜で朝まで約11時間も爆睡してしまったのです。ションボリ。

今日こそらやっつけます。とんでもなく反省中。

ポカッポカッポカッ!ポカポカポカポカポカ!!自分で自分の頭を叩いています。

書くぞ~

週末がやってきました。レポートタイムです!
今週末は『経済原論』の〔前〕レポートをやっつけます。
こもります~。書きます~。

はぁ....、2週間前の週末は大学で試験を受けていたんですよね。時が経つのは早いです。試験後の1週間は勉強からも仕事からも離れてお休みをしたので、贅沢は言っていられませんね。

2009年1月科目試験の出題

2009年1月の科目試験の出題です。

保険学
日本の戦後の護送船団保険行政(政策?)のメリットとデメリット

金融論
分散投資について
IS曲線とLM曲線を使った市場均衡について

論理学
真理表を使ってトートロジーであるかどうかを証明する

西洋経済史(中世)
都市と農村の地域比較

Eスク経済地理
百貨店とコンビニエンスストアの立地について

CIMG4089.jpg

いずれの科目も後方の席に座り、ワタシよりも前の列に座っている受験者の入学年度を受験者名簿でしかと見てきました。2006年、2007年に入学をされた方がズラリといました。2000年入学のワタシの学籍番号の最初の2桁は 00 ......目立ち過ぎです。2011年には卒業したいです。

経済原論からにします

統計学』用の手書きレポート用紙が足りないことがわかったので、『経済原論』からはじめることにしました。ウッカリ者の自分にガクリ....。

〔前半〕のお題は、2. ギッフェン財について説明しなさい の方を選びました。

文字数4,000文字以内で書ききれるかちょっと心配です。ギッフェン財は所得効果が代替効果よりも大きい下級財で、価格-消費曲線から導かれる需要曲線が右上がりになるのが特徴。それを説明するには、無差別曲線・予算線・最適消費点・所得-消費曲線・価格-消費曲線・需要曲線・所得効果・代替効果・全部効果を説明しなくてはならないし、グラフも入れなくてはならないからです。う~む、悩む。

そして、テキスト以外の心強い攻略本達はコチラ。

試験攻略 経済学入門塾〈2〉ミクロ編試験攻略 経済学入門塾〈2〉ミクロ編
(2000/04)
石川 秀樹

商品詳細を見る



入門 経済学
入門 経済学
(2001/03)
伊藤 元重

商品詳細を見る


基礎コース 経済学 (基礎コース経済学)基礎コース 経済学 (基礎コース経済学)
(2003/11)
塩沢 修平

商品詳細を見る


それと、2003年のSSで受講した西孝教授の経済原論の配付プリントとノートです。

サクサクっと仕上げて〔後半〕に取りかかりたいです。ただし、〔後半〕のお題はまだ選んでいません。どっちがいいのでしょうね。ちなみにお題はコチラ↓。

1. 総需要関数および総供給関数について説明しなさい。
2. 最適成長について説明しなさい。





少し前進

論理学』のレポートが D で返却されてきたので、再び大作を手書きしなくてはなりません。手書き用レポート用紙の残りが少ないので、日本滞在期間中の平日に事務局に出向いたのですが、何とランチ休憩中でした。ガーーン!ランチ休憩は12時から1時だと思い、11時半を少しまわった時に行ってしまったのです。単なる思い違いな訳ですがショック....。次の予定の時間が押していたので、一先ず退散して事務局が閉まる4時前に再度行こうとしたのですが、時間が押してしまい間に合いませんでした。

そして、日本滞在中にレポート用紙を手に入れることはできず....。

慶應通信のサイトで購入方法を調べたところ、最初にたどり着いたのがココ↓。

レポート用紙の種類と購入方法

a. 『レポート課題集および履修要領』に添付の振替用紙で申し込んでください(振替口座番号00190-8-155497 慶應義塾大学出版会)。
b. 通信教育部事務局本室または事務局分室の窓口で購入できます


ゲゲゲゲッ!またもや振替用紙かよ!国外からはできないんだって!!くぅ~っ、誰か三田か日吉のご近所在住の友人を探して、事務局まで出向いてもらってレポート用紙を購入して、ワタシの暮らす国まで郵送してもらおうかしら....と考えてしまった。ウ~ン、またしても何かと不便な慶應だわ。

っと、ムカムカしながら調べを進めると、希望の光がキラリっ♪

学生として利用できること

ind_tit.jpg

別サイトに見つけました。

レポート用紙や補助教材、副教材などの購入ができます。具体的な品名は、各ページで確認してください。購入ページに進むには、在学生用ID・パスワードの入力が必要です。

何だ、遠隔地からでもネット経由+クレジットカード精算で購入可能じゃないのよ。こんなお役立ち情報がなぜレポート用紙の種類と購入方法'c. ネットで購入' に記載されていないのでしょうね。

早速、注文をしました。数量+送付先情報+クレジットカード情報を入力して "ポチっとな"で完了。ご注文を受け付けました 慶應義塾大学通信教育課程オンライン販売というタイトルのメールが間もなく届きました。

やればできるんじゃん!

早く、学費やら教材やらのその他の費用についてもネット経由クレジットカード決済ができる様にして欲しいです。

2009年4月科目試験に向けた学習計画(修正案)

1月の科目試験から戻って来て早々なのですが、4月科目試験に向けた学習計画を修正しようかと考えています。

原案はこちら

A群 簿記論(2)
B群 経済原論(前)....... もう片割れに合格しないと単位取得に至らない
C群 原価計算(2)
D群 統計学(A) (4)
E群 新会計学(3)
F群 なし
-------------------------------
合計 .......... 11単位

だったのですが、3月2日(月)までに『経済原論』のレポートを2本と『統計学(A)』のレポートを4本、そして『新会計学』のレポートを1本で、合計7本のレポートを仕上げる必要があり、4週間で7本は絶対に無理だと判断しました。

履修計画2008_2

経済原論』は、試験を2度受けなくては単位取得に至らないのと、将来学習予定の必須科目『財政学』と『経営管理論』が同じB群に控えているので外したくありません。

統計学(A)』は、総合の必須科目なので早めに終わらせておきたいのと、『論理学』または『統計学(A)』の単位が取れると、卒論登録ができるだけの条件が満たされます。『論理学』の科目試験は1月に受験済みで、手ごたえ的に試験には合格すると思うのですが、レポートが不合格なので例え試験に合格しても単位取得には至らないのです。今年夏の卒論登録に間に合う様にするには、4月の科目試験の結果が出る頃に、『論理学』または『統計学(A)』の単位を取得しておかなくてはならないので、どちらか一方が上手く行けば...の保険をかけるという意味で『統計学(A)』は外したくありません。

新会計学』が属するE群は、この科目を最後に学習する予定はありません。それなので、科目試験を7月以降にしても問題はないと思います。『新会計学』を7月に受験すると、6科目受験になり苦しいので、10月に受験する。または、7月に受験をして、『会計監査』を10月に受験するのもあり得ます。

先ずは、『統計学(A)』からレポートを仕上げ、次に『経済原論』。そして、時間的に余裕があったら『新会計学』のレポートを仕上げることにします。

セーフ

簿記論』のレポートが返却されてきました。
ドキドキドキ…..。でしたが、こちらはセーフ!
よかったです。心臓に悪いです。

追加

うはははは。

原価計算』のレポートが返却されてきました。
な、な、何と、評価は D でした。ガーーーン!

これで、再レポ科目は合計4科目に成長中。トホホ。


【再レポ科目】

●論理学
●経済政策学
●経済史
●原価計算
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。