スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新新会計学レポ返却

最近書き換えられたばかりの『新新会計学』のレポが返却されてきました。
結果は A 。よかった~。
スポンサーサイト

終わった~

会計監査』のレポートが仕上がりました。
7月科目試験申し込みハガキと一緒に Fedex で発送完了しました。
これで、権利的には6科目を受験することができます。
さてと今日から試験勉強にとりかかります。

戦い中

ひぃ~。絶対に終わらせなくちゃ。Fedexに載せなくちゃ。戦い中。
金曜日なのにコモっています.......。

今日こそは.....

ウキーーーーッ!

なかなか時間が割けず、レポートが完成しません。
今日こそは、ドッカリ書きます。がんばる.....。

2009年7月科目試験受験科目

5月25日(月)のレポート〆切日まで残り1週間になりました。

会計監査のレポートは書き始めたのですが、経済史は放置したままで全く手をつけていません。以前書いているので、ほんのりと記憶に残っているのですが、これから書き始めるとなるとやっつけ仕事的になってまた不合格をくらってしまい悪循環になること間違いなしです。

そういうことなので、受験科目を変更することにしました。

すでにレポートを提出して受験資格のある原価計算を7月に受験し、経済史を10月に受験。7月科目試験の試験勉強がギチギチになったら、会計監査を10月に再受験するつもりで試験勉強に費やす時間とパワーの軽減する。

まとめるとこんなんです↓。

【7月科目試験での受験科目】
A群 簿記論
B群 経済原論(初回)
C群 原価計算
D群 統計学(A)
E群 新・新会計学
F群 会計監査

【10月科目試験での受験科目】
A群 経営分析論
B群 経済原論(終回)
C群 経済史
D群 商業学
E群 なし
F群 (会計監査)

週末までに会計監査のレポートをやっつけます。その後、試験までの6週間は、試験勉強に精を出します。

Eスクの案内が届きました

2009年のEスクの案内が届きました。

マス・コミュニケーション論09』を受けたいのですが、科目群が A群 なので受けられません。学習予定のテキスト科目に A群 が集中しているために、これ以上増やしたくないのです。

Eスクで受講した科目の試験は2010年1月に受験をしなくてはなりません。学習計画上、空いている科目群は E群 と F群 のみです。群を絞って科目を選ぶと以下の2科目になります。

近代日本と福澤諭吉(F群)
民法(E群)

案内の中にある講義要綱を読みました。恐らく『民法』の申し込みをすると思います。

履修仮登録は7/7(火)~7/13(月)
通知は7/28(火)
受講料納付は7/28(火)~8/14(金)

受講料納付期間は、夏スクで日本に滞在しているので、自分で郵便局から支払いができます。

仮登録

夏スクの仮登録の申請書が、大学の事務局に届いたのを確認しました。
学費も払い込んだし、後は "アタリ" の通知を待って、本登録をするのみです。

夏スクで受講予定の4科目は全て購入が必要なテキストなしなので、初日に長い列に並ぶ必要もなし。
あっ....学割定期券の列には並ばなくちゃですね。

夏スク費用支払完了

まだ仮登録のアタリ・ハズレの連絡も来ていないのですが、科目はどうであれ、1期と2期の午前と午後に通うことは確実なので、早くも学費を納入しました。

あっという間に5月になってしまいました。レポートをやっつけないと、科目試験の勉強時間が充分に取れなくなってしまいます。汗、汗。

夏スク学費と郵便振替

またもや夏スクの学費の支払いは郵便振替です。

ワタシの場合、ニューズレターや郵便物の送り先を国外住所にしているので、夏スクキット一式も当然ながら国外の登録住所に届きます。

受講料の払込専用の郵便振替用紙も同封されてくるのですが、当然国外からこの郵便振替用紙を使って受講料の振込はできません。国外送金をすると送金元銀行と送金先銀行の両方で手数料を徴収されてしまい、支払額に対する手数料がバカ高くなります。

そういうわけなので、受講料の払込専用の郵便振替用紙を日本に居住の両親の元に郵送し、両親の銀行口座にネットバンキングを利用して国内円送金をしています。着金後、郵便振替用紙を使って、郵便振替をしてもらっています。

日本円は増えないので、円安を狙って現地通貨を円転し、日本に一時帰国した際に日本円口座に入金しています。

手間です.....とっても。

クレジットカードで払いたい。手数料上乗せでいいです。ポイントやマイルもつくし(イヒヒ)。クレジットカード精算可能にしてくださーい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。