スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1回につき4科目限定

1回に5科目は無理!っということがよーくわかったので、1回につき4科目MAXにして学習計画を練り直しました。

履修計画2009_JUL09

10月試験のためのレポートは『経済史』以外はすでに合格しているので、その先の2010年1月の試験のためのレポートと不合格のレポートに注力できます。

7月の試験から戻ってきたら、先ずは『論理学』の再レポをやっつけなくちゃ!
スポンサーサイト

統計学は捨てた

うきーっ!無理っす!!『統計学

このままやっても時間が足りないし、他の科目に悪影響が出ること間違いなし。全受験科目共倒れを防ぐために、『統計学』は捨てました。次回10月の科目試験で受験します。

やっぱり、1度に5科目の受験は品質面で不安があります。ワタシの脳はスーパーじゃないしね。1度に4科目が精一杯かな。

ま、そういうことで、今回の受験科目は以下の4科目になりました。

A群 簿記論 (2)
B群 経済原論[前] (0)
C群 原価計算 (2)
D群 なし
E群 新新・会計学 (3)
F群 なし

全部合格すると仮定すると7単位になります。悪くない。
少し心に余裕ができました。さてさて、勉強を続けます。


今頃になって

大学からの封書が届きました。
7月の科目試験のはすでに届いているし、夏スク本登録の通知がくるには早すぎます。なんだろうと思いながら開封したところ、中身は夏スク仮登録結果通知でした。事前にメールで結果を知らせていただいたので、原本のことはすっかり忘れていました。
それにしても、今頃ですか.....遅いですよね。

皇帝液

疲労度120%ブッちぎりです。

昨日のミーティングでは船を漕いでしまいました(反省)。
睡眠から明けた今朝もスッキリ冴えませんでした。本番前1週間の一番辛いときをいかに乗り切れるかが単位取得への鍵となります。潰れて週末&直前期間を台無しにしない様に、何か対策を立てなくちゃと、薬局に行ってきました。

多種多様すぎてサッパリわかりません。サプリメントだけでも各社・各国の製品が3列です。しかも、少し見上げる高さから足元まで。何に効果があるか、何が入っているかなんてひとつひとつ確認していたら夜になっちゃいます。

担当さんを捕まえて相談しました。

「猛烈に疲労中。睡眠不足で眠くてたまりません。エネルギーとパワーを生み出すサプリメントを紹介してください。」

そして出てきたのが、Sato製薬のユンケル皇帝液でした。国外にもあるのですね!感動!!そして、英名は "Sato Yunker Kotei Solution"。

がんばります~~~~~っ!

Yunker_Kotei.jpg

受験票が届いた(ホッ!)

よかった~。受験票が届いていました。

あれれ、あれれ。『会計監査』が受付不許可。理由は、レポート未提出・期限後だって。『会計監査』は10月の科目試験時に受けることに決めたのでいいんだけど、でも気になるわ。

レポートの受付印を確認してみると翌日の26日になっていました。わざわざ高いFedexで送ったのに......。

早速、飛行機の予約をしました。日が迫っての手配なので、好みのシートは確保できずに真ん中。嫌だわ...。

受験科目は次のとおり。

A群 簿記論
B群 経済原論・初回(E)
C群 原価計算
D群 統計学(A)
E群 新新・会計学(E)
F群 なし

さーって、勉強するか。


受験票が届きません

来週末に科目試験が迫りました。ところが、まだワタシの手元には受験票が届きません。

何かしら事故(めいたこと)が発生し、受験資格がなくなることだってありえるので(例えば、書留やFedexで申込書を送っているので、大学側が受領したことまでは追跡できるけど、その後発生するかもしれない紛失や事務処理のミスで受験資格がない。)、未だ航空券の手配をしていません。そして、今は夏のバカンスシーズン。豚インフルエンザが大流行したって、移動する人は仕事であろうと、遊びであろうと、移動するのです。毎日、残席数をドキドキしながら確認しています。

だったら予約しておけ!というところなんですが、予約後に、受験できないことがわかったら航空券の予約取消料が発生するのです。それくらい保険だと思って払っておけ!って言われちゃ、それまでなんですが......でも、毎回科目試験の度の渡航、夏スクの渡航滞在費用、参考文献購入費用、レポート提出の国際書留やFedex費用、追加履修費用に、Eスク費用といった具合に、費用もかかるので抑えられる出費は抑えたいのです。しかも、円建での支払い......。

受験の可否をたずねるため、大学に問い合わせのメールを送りました。日本在住のみなさんの手元にはすでに受験票は届いていますか?

次は統計学

統計学』の試験勉強に突入!

+なんてったってうれしい4単位
++さらに、経済学部の必須科目
+++しかも、これが総合科目テキスト学習の最後の科目

レポートは4回分全て合格しているから、あとは試験に合格するだけ。
単位取得ができたらやっとこさ卒論登録ができるので、今回の科目試験の最重要科目でもあるのです。

.....っが、しかし.......すっかり忘れてしまっている.....。猛ダッシュで勉強しなくちゃ。

損益勘定か残高勘定か

試験勉強真最中。ようやく『簿記論』にはいりました。

精算表作成を練習中です。

勘定科目を書くのと、試算表への記録と、修正記入への記録はOK!だけど、損益勘定と残高勘定への記録が弱い。まだ、どっちをどっちに書いていいのかスパっと判断できません。

損失・収益が損益勘定、資産・負債が残高勘定なんですよね.....。練習を続けます。多分、『論理学』の真理表を使ってトートロジーかどうかを解く問題みたいに、ドリル形式で何度もやればマスターできると思います。

でも、とっとと終わらせて『統計学』の練習にも入らないとならないわ。

も~~~、『会計監査』は10月に延期確定。

エッジワース・ボックスとコアの概念

この攻略本に加え、

試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編試験攻略 新・経済学入門塾〈4〉上級ミクロ編
(2007/10)
石川 秀樹

商品詳細を見る


コレ↓、イケます。

ミクロマクロ経済学 I・6. パレート最適


ね、眠い......zzzzzz...

厚生経済学・パレート効率・市場の失敗・エッジワースボックス

ううむ.......厚生経済学関連を学習中。

厚生経済学の基礎定理1&2。効率性に公平性。市場の失敗にパレート効率。この辺りは解ったんだけど、エッジワースボックスの図が今ひとつ理解できません。

厚生経済学の基本理念

厚生経済学の基本定理

解るまで読み込む+解る資料をみつけます。

原論突入

新新・会計学』と『原価計算』をまとめ終わったので、『経済原論』の試験勉強に突入しました。

原価計算』は持ち込みだし、『新新・会計学』と『経済原論』はポイントをまとめてひたすら読み込み暗記して、論述できるように(たまに図表付きで)しておけばOKです。

統計学』と『簿記論』は練習問題をたーんとやらなくちゃ。間に合わせなくっちゃー。

う~ん『会計監査』......やっぱり手が回らなさそうな気配...。でも、ヤマが当たったら単位取得につながるので、ダメもとで受けるってのはありかも。せっかく受験する権利があるので。

こっそり

新新・会計学』オンラインでこっそり試験勉強のお役立ちリンク

企業会計原則の詳細な解説

財務会計解説

フムフムフム.....。

友岡さんここにも

会計監査』のレポートが返却されてきました。
結果は キラリA でした。そして、サインに再び 友岡 という文字。

このレポートを書くのに、三田商学研究の友岡先生の論文を沢山参考文献として使わせてもらいました。ご本人から評価をしていただけるとは、『新新・会計学』に続きうれしいですね。

新と新新のテキストの違い

新新会計学』の試験勉強中に気がつきました。

新新会計学』のテキストには、用語の目次(例:個別法が何ページに掲載されているか)がないのです。『新会計学』のテキストには本文終了後の背表紙に近いところにあります。

新新会計学』のテキストはカラーなので読みやすいのですが、試験勉強には用語目次が付いている『新会計学』のテキストが便利です。だけど、内容が同一ではないので、『新会計学』でどの項に書かれている事なのかを調べて、『新新会計学』のテキストに戻って、あくまでも『新新会計学』のテキストをベースに勉強を進めています。

また貴重な週末が終わってしまった

7月の試験までカウントダウン状態です。

いろいろいろいろ沢山あって、先週は週末も含めて勉強が全く進みませんでした。

貴重な週末も終わってしまい、試験当日まで残り3週間を切ってしまいました。現在『新新・会計学』と『原価計算』を勉強中。どちらも似たような内容なので両方一度に勉強することで、知識が深くなることを期待しています。

これが終わったら、『経済原論(前)』と『統計学』に入り、最後に『簿記論』を勉強する予定です。

会計監査』は.........多分10月の科目試験に変更するかもしれません。

睡眠不足の3週間が続きそうです。みなさんがんばりましょう!

これで決まり♪

夏スクの履修登録(本登録)を出してきました。受講費用は大昔に払い込み済みなので、これで安心。

今年の夏はコレで行きます。

【1期】
午前:人口論(専門)
午後:情報処理(総合)

【2期】
午前:産業組織論(専門)
午後:自然科学概論A(総合)

同じ科目を受講する方がいらっしゃいましたら、コメントを残してくださいね。暑い日吉の夏を一緒に乗り切りましょう!

あ~、毎日の生ビールがきっとおいしいことでしょう。

仮登録の結果発表

夏スクの仮登録の結果がメールでやってきました。

結果は、許可

keio_ss09.jpg

これで受講する科目が次の通り決まりました。

【1期】
午前:人口論(専門)
午後:情報処理(総合)

【2期】
午前:産業組織論(専門)
午後:自然科学概論A(総合)

早速、本登録の書類を作ってRegistered mailで送るとします。


.....後は、Swine Fluが収束に向かってくれることを祈ります。機内で発熱者の近所に座ってしまったら日吉に行けません。

人間の記憶とは

うぅ~。儚いねぇ。すでに遠い記憶になってしまっていますよ『簿記論』。精算表をつくりなさいなんて言われても、そんな急には作れません。はぁ....レポのときってどう作ったんだっけ。

これは貸方、これは借方ってわけるのはまだ覚えてるからOK。

ええっと、修正って何をどうしたっけ。本見ながらじゃなきゃできません。『簿記論』は持込不可科目です。汗、汗、汗。

わかりやすい簿記 [第10章] 精算表

友岡さん

先日返却されてきた『新新会計学』のレポート。評価が A だったので、ヒャホー!って舞い上がって、そのままデスクの端に積み上げられた本や紙に埋もれてしまっていました。

試験勉強を効率的に進めるために、週末にデスクの整理整頓をしていたところ、そのレポートが出てきました。 評価を読んでみました。

短い言葉でサラリとお褒めの言葉。

そして、サインが.......

友岡

.....はっ!テキストの著者であり、参考文献の著者であり、三田商学で沢山の論文を残している 友岡先生 じゃありませんか!直々に見てもらえると非常に嬉しいですね。あ~、ビックリした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。