スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量化理論 続きの続き

う~~~~~~む。

論理学論理学
(1994/02)
野矢 茂樹

商品詳細を見る
『論理学』の攻略本。これがあれば慶應通信の意味不明なテキストは不要と好評の一冊。

読んでも、読んでも、何かスッキリしない『論理学』。
本当はもっと簡単に説明できんじゃないの。ド素人向けに、もっと細かな判りやすい解説付きで書いてよ!って言いたくなっちゃうな。初学者向けらしいのだが、練習問題の回答に頭をひねる.....。なんでこんな回答に至ったのだ...。ムムムム。

そうやっている間にも刻々と時間は過ぎて行く。

もーーーーーーー、D 覚悟でとりあえず、書きまっか!手書きだしね。古典だね、古風だね。涙が出るね~~~~。

ちょっと助けてくれるかもな情報発見。

多重量化を克服せよ

克服できるんだろーか。しょんぼり。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

匿名希望さん

ワタシも終了!手が痛い。肩も痛い。腕も痛い。

No title

とりあえず下書き終わりました~♪ 再提出(2回目)なので のんびりしちゃってます ごめんなさい。。。

No title

匿名希望さん

リンクをご紹介くださいましてありがとうございます。
きっとDで戻ってくると思うので、そのときに使わせていただきます。
論理学レポートの進み具合はどうですか?

No title

http://page.freett.com/kepler/chapter14_2.html

専門科目のテキストを 丸々転用しているサイトを見つけましたのでご紹介

わたしも 論理学(A)の再提出 奮闘中です お互いがんばりましょう♪

No title

No title

匿名希望さん

書き込みありがとうございます。
文学部専門の『論理学』ですよね。ワタシは経済学部なのでそのテキストを持っていないのです。解りやすいということなのですね。



No title

専門のほうの 論理学(L)のテキスト 一度目を通してみては・・・?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。