スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏スク学費と郵便振替

またもや夏スクの学費の支払いは郵便振替です。

ワタシの場合、ニューズレターや郵便物の送り先を国外住所にしているので、夏スクキット一式も当然ながら国外の登録住所に届きます。

受講料の払込専用の郵便振替用紙も同封されてくるのですが、当然国外からこの郵便振替用紙を使って受講料の振込はできません。国外送金をすると送金元銀行と送金先銀行の両方で手数料を徴収されてしまい、支払額に対する手数料がバカ高くなります。

そういうわけなので、受講料の払込専用の郵便振替用紙を日本に居住の両親の元に郵送し、両親の銀行口座にネットバンキングを利用して国内円送金をしています。着金後、郵便振替用紙を使って、郵便振替をしてもらっています。

日本円は増えないので、円安を狙って現地通貨を円転し、日本に一時帰国した際に日本円口座に入金しています。

手間です.....とっても。

クレジットカードで払いたい。手数料上乗せでいいです。ポイントやマイルもつくし(イヒヒ)。クレジットカード精算可能にしてくださーい!
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

かくさん

『経済史』の参考文献は古くて、古くて、古(臭)くて、入手困難ですよ。
ワタシは、Amazonのマーケットプレイスで購入しました。1冊は某図書館のスタンプが押してあり、ギョギョっ!盗難品???と文献到着後焦りましたが、きちんと処理が済んでいるクリーンな文献で、ホっとしました。

今年の夏スクは諦めなくてはなりませんか。残念ですね。ワタシは来年も2期間通う予定です。是非、来年ご一緒しましょう。

No title

福澤学さん

そうそう。レポート用紙の購入には、クレジットカードが使えるんですよ。あともう少しで学費納入ですかね。一応薄く期待しています(笑)。

No title

この間 HPから手書きレポートを購入したとき カード決済を選択しました

もう少しで スクーリング等にも カードが使えるようになる・・・と 祈ってます(笑)

こんにちは

おひさしぶりです。コメントありがとうございました。
私も経済史に取り組もうと思って、参考文献を入手したりしています。。なかなか進まないです。
夏スクは仕事とかぶりそうで今年はあきらめました・・・
がんばりましょう!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。