スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再々レポ提出

原価計算』の再々レポを郵送しました。

【初回レポのコメント】
原価の本質の部分をもっと詳細に書いてください。

そういうわけで、原価計算基準の「三. 原価の本質」を基に書いたのですが.....

【再レポのコメント】
原価の要件、原価となる条件は何ですか。もっと詳しく書いてください。

原価の本質を書いた後に、原価の範囲と原価の概念と要件は書いてあるんですけどね。評価者がワタシに何を書かせたいのかがハッキリと読み取れません。

何を求めているんですか?

とも、書けないので

(1) 企業が経営活動を通して消費したモノやサービスなど、経済価値で表すことのできるものは全てと原価になる。

(2) 原価計算制度において、「原価とは、経営における一定の給付にかかわらせて、把握された財貨または用役の消費を、貨幣価値的に表したものである」

(3) 4つの原価

(4) とは言え、原価計算には様々な目的があるので、目的によって計算結果の利用方法が異なり、原価の範囲も異なる。

で、その後に続く、原価の範囲と原価の概念と要件に繋げました。

ひぃ~、こんなに手こずるとは思ってもいませんでした。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。