スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充分じゃない

経営分析論の試験勉強を進めるに当たり、テキストだけでは不十分さを感じています。
参考文献として仕入れた東京大学出版会の企業分析入門もいまひとつです。会計学のテキストが役立っています。レポートの資料収集もこの参考文献じゃなくて、経営学用に仕入れた参考文献が活躍し、更にウェブ上の資料が大活躍でした。

今日のヒット

経営分析の概念
経営分析
一橋大学研究年報商学研究
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

Liberteさん

文献がなくても、ウェブから情報を拾える便利な世の中になりましたが、信憑性に欠けるサイトもあるので、信頼できる情報源を求めることが大切だと思います。あとは、どんぴしゃ情報にたどり着けないときは関連情報をひたすら収集して、ひたすら読む。パズル的に情報を集めて、くっつけあうことになりますが、これで、理解が固まってきます。

では、三田でお会いしましょう。

No title

慶子さん
貴重な手元にある文献に気がつかない、というもったいないことをしそうなところでした。どうもありがとう!
慶子さんは ウェブの情報をつかむのが本当に上手ですね。
同じ文献を手に入れるのが難しい環境にいる者として見習わなければいいけません。
試験前に体調をくずして大変ですが、がんばってください。

No title

Liberteさん

ね。レポートにもさっぱり役にたたないテキストってなんでしょう。かなりものたりないテキストなので、早くから参考にするのを止めています。大学側もバイブル並みのテキストを作るか、市販のものに変えるか、考えてもいいんじゃないでしょうかね。それとも大センセなので、センセの目の黒いうちは変更不可ってことで触れられない部分でもあるのでしょうか。

新新会計学の大学のテキストと新会計学の市販のテキストの内容に大きな差はないので大丈夫です。ワタシは市販のものを参考にしています。

あとは、本当にウェブ上の情報にたよるだけです。ドンピシャ情報になかなかあたらないのですが、関連のものをいくつも読むことで全てが次第につながってきて全貌が見えてきますよ。って、試験でどう活きるかはわかりませんが。不合格だったら、また次回につなげます。

No title

慶子さん!!
試験勉強でイマイチと感じるところがあって相談させてほしかったのです!
推薦のWEBその他 見て勉強します!
そうか会計学の本をみればよかったか・
新新会計学のテキストはもっていないけど、
そいうえば新会計学の勉強したときは管理会計のほうはあまり見ていなかったので、
忘れてたわあ・ありがとう!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。