スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣ける総合科目人文科学

昔の記憶を辿りながら、今後の学習計画を立ててみました。

総合科目の人文科学系の科目は全く履修していないことに気が付き、科目選びをしました。

○文学 (4単位)
○哲学 (4単位)
○論理学 (4単位)
○日本史 (2単位)
○東洋史 (2単位)
○西洋史 (2単位)

2科目以上6単位以上が履修条件です。

先ずは、1科目でドーンと4単位を取得できる「哲学」、「論理学」、「文学」から。各々の科目のレポート課題を読んでみたのですが、「哲学」は求められていることが意味不明、「論理学」は論外だったので、「文学」を選びました。

2科目で8単位を取得できる科目を選んだ方が、試験とレポートの回数が少なくなるから効率的ではあるのですが、どうも「哲学」と「論理学」はどうがんばってみてもかなりの労力と時間がかかりそうなので止めにしました。

そして、後は歴史系の3科目からどれを選ぶか。同じようにレポート課題を読み、レポートの課題図書がAmazonに在庫されているかどうかをチェック。参考文献や課題図書が入手困難な科目もあるので要注意ですよね。そして課題そのものが分かりやすかった「東洋史」を選びました。課題図書「オスマン帝国の時代 (世界史リブレット)」の発注もしました。

早速東洋史の学習に取り掛かり、教科書を読み始めました。毎日2時間から3時間程度、勉強の時間が取れるといいです。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。