スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

範囲広すぎよ

財政論ったら範囲広すぎ!
しかも4月の科目試験は、新年度の第1回目。
どの辺りをおさえておけばいいとか、このあたりは今回出そうだとか、全く山がかけられないじゃないですか!
4月で終わらなかったら悲しいな~。最初からかなり弱気です。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

wkbさん

なるほど、テキストにも載ってない専門用語で攻められる可能性があるということなのですね。鬼門科目ですね....。

No title

財政論は、税が出るとまったく経済理論とちがうんで、その辺が掴みづらいですね。作問の時期に、ちまたでは、消費税論議が活発だったので、徴税に関するものがでたりしないかな。
専門用語が判らなかったらお手上げなので、その辺はしっかり押さえたほうがよいかと思います。 藤田先生のhttp://seminar.econ.keio.ac.jp/yfujita/kakomon09.pdfのも 説いてみたら面白いかもしれませんね。。

No title

wkb5161さん

アドバイスありがとうございます。
4つの科目のうち、原論後半(マクロ)と金融論ですね...他、2つは選択していないのです。

No title

財政学は、別のレポートをしながら財政論を意識しつつ勉強しました。
マクロ経済関係の世界経済論、原論後半、金融論、国民所得論、国際貿易論が近いかなぁ。手抜きなので、どうかと思いますが。。

No title

keeping_my_paceさん

お久しぶりです。

はい。「コア・テキスト財政学」ですよね。ワタシも持っています。テキストは読み難いので、重宝しています。

卒論以外の単位が揃いましたね。卒業が近づいてきましたね。もう少しです。がんばってください!

No title

慶子さん
こんばんは。財政論のテキストは古語で書かれているのでさーぱりわかりませんね。
僕のブログでも書きましたが、「コア・テキスト財政学」(小塩 隆士先生著、新世社)はお勧めです。まさにテキストの現代語訳をしてくれています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。