スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JP

科目試験のために日本に一時帰国した際、成田空港の郵便局から論理学の再レポを簡易書留で出しました。

カウンターのおばさまに言われた郵便料金が、予想以上に高かったので、封筒に印字してある郵便料金JPY15の部分指差しながら、この特別郵便料金は考慮されているのか、と質問しました。えっ!っという表情をした後、レポートの封筒をスケールに載せて、う~んと考えていました。重量に関係なく一律JPY15なんですけどね....。その後、気がついた様子で、新しい郵便料金を言ってきました。謝罪の言葉は一切ありませんでした。

いいのか郵便局。窓口業務担当が、不注意な上に、郵便料金のシステムを知らず、しかもそんな態度で....。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

wkbさん

重量で料金が変わってくるのですね。了解しました。ありがとうございます。
ちなみにワタシはいつも書留郵便にしています。間に通関箇所が入るのと、何せ輸送が日本国内に比べ長距離長時間になるので、追跡調査ができるようにしています。

No title

管理人のみ閲覧のコメント主様

コメントありがとうございます。

No title

レポートは重量に関係しますよ。100gまでが15円で、それ以上は100gづつ10円増えます。間違えて投函すると返ってきてしまうので、締め切り超えてしましますから要注意です。絶対かえってこないように、多めにいつも貼っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。