スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年夏スク1期午前 マーケティング経済学

暑~い日吉で夏スク1&2期を受けました。

1期・午前 「マーケティング経済学」 樫原正勝 君

今年を最後に夏スク担当を引退される商学部の教授でした。

事前に購入が必要な図書はありませんでした。出席はとりません。


【講義内容】

1日目:マーケティングとは
2日目:マーケティングと経済学を結びつける & 価格論
3日目:価格論
4日目:広告論
5日目:広告論 & チャネル論
6日目:チャネル論 & マーケティング管理論
7日目:マーケティング管理論 & テスト


【テスト内容】

持ち込み可。70分間。論述式。
10問の中から4問を選択

(1)なぜ自動車メーカーはつぎつぎと新車を発表するのだろうか。その場合、その新車に新しいブランドをつける一方、ボンネット前やトランクの後ろになぜ企業マークをつけるのだろうか。原理を説明しなさい。

(2)なぜ「理論は大事だ。理論を学べ」といわれたり、現実に経営実践を行っている企業経営者が産学協同をしたがったりするのだろうか。その理由をヘンパル・オッペンハイムモデルを用いて原理的に説明しなさい。

(3)希少性下にあっては、経済行為は技術化の方向と節約化の方向のもとに経済合理性を追求する形でなされるが、技術化の方向と節約化の方向の具体的形態を、マーケティング行為の実例をあげて説明しなさい。

(4)他の事情を一定にして、ある企業が他企業よりも多いプロモーション費を投じて、他企業より多くの利潤を得ることができる効果も、究極的にはその効果を失い、プロモーション費の追加をもっては利潤を得ることができなくなる理由をチェンバリンのモデルを援用して説明しなさい。

(5)18世紀後半、陶器「クイーン焼」の名で成功したJ.ウェジウッドは、大量生産ー大量販売を志向し、ブランド、定価販売、広告などの非人格的な合理的マーケティング活動を展開することによって成功したといわれている。この例にみるようにマーケティングの合理化は非人格的な手段によって展開されたが、なぜ非人格的手段が必要とされるのか。その理由を説明しなさい。

(6)執行構造に対する中枢構造の優位性という観点から、なぜマーケティング執行活動をなす上で、マーケティング管理者が持つ知識が重要なのかを説明しなさい。

(7)保健薬や多くの耐久消費財など消費者がその製品の品質を知ることができない製品の場合、広告が盛んに行われる傾向がある。その理由をネルソンの議論を用いて説明しなさい。

(8)「完全競争においてはマーケティング活動そのものが存在する必要がない」と言われる理由について論拠を明らかにする形で説明しなさい。

(9)百貨店やスーパーマーケットなどでは、なぜ客ごとに「お客さんまけとくよ」「もっと安くして」といった価格交渉がないのだろうか。交渉型価格から固定型価格を生じさせる原理的条件と関連させて、その理由を説明しなさい。

(10)同一の広告費用曲線を持つ多数の企業がみな、自社で行っていた広告活動を彼らと同じ広告費用曲線を持つ広告代理店一社に移転させ、アウトソーシングする場合、それら企業が広告活動をアウトソーシングすることが効率的となる条件はどのような条件か、スティグラーのモデルを用いて原理的に説明しなさい。

(以上、各25点)

おまけ問題

この講義の授業評価をしなさい。(3行以上書けば5点)


<感想>

なかなか面白いですよ。ボリュームがあるので、聞いて消化、聞いて消化の繰り返しが大変ですが、テストではおまけもくれますし、全員合格させてくれる数少ない教授だと思われます。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。